心筋梗塞の看護を考える

心臓の構造

心臓の構造

心臓の壁は、内層から心内膜(しんないまく)、
心筋層、心外膜(漿液性心膜の臓側板(ぞうそくばん))の3層から成り立っています。

 

心膜腔(しんまくくう)をはさみ、
心嚢(しんのう/漿液性心膜の壁側板(へきそくばん))、
そして線維性心膜がその表面を包んでいます。

 

心嚢と線維性心膜を心嚢膜、心外膜と心嚢膜を心膜と呼び、
その間を心膜腔といいます。

 

心膜空には、少しの心嚢液があり、その心嚢液によって
心臓の動きがスムーズになっています。

 

心臓の内部は、心房中隔と心室中隔によって左右に仕切られています。
そして、弁膜によって、心室と心房に別れています。
つまり、心臓の内部は、2心室(右心室、左心室)、
2心房(右心房・左心房)からなっています。