心筋梗塞の看護を考える

心臓の内腔

心臓の内腔

右心房には、上下の大動脈が開口しています。

 

右心室からは。肺に血液を送るための肺動脈が一本出ていて、
左心房には肺から返る左右それぞれの二本の肺動脈が入り、
左心室からは全身に血液を送る大動脈が出ています。

 

右心房と右心室との境には、三尖弁(さんせんべん)があります。

 

三尖弁は、その名の通り、3つの尖弁から出来ています。

 

そして、右心室と肺動脈の境には3つの半月状弁で形成されている
肺動脈弁があり、左心房と左心室の境には
2つの尖からできている僧帽弁(そうぼうべん)があり、
左心室と大動脈の境には、3つの半月状弁の大動脈弁があります。

 

<心臓の刺激伝導の仕組み>

 

心臓は、刺激伝導の仕組みによって心筋の収縮が刺激され、
自動的に一定のリズムで収縮と拡張が繰り返されています。

 

そして、刺激伝導によって心筋が収縮し、
血液が心房から心室、さらに心室から動脈へと排出されます。

 

心筋の電気的興奮の時間的変化を身体の外から観察するものに
心電図があります。
心電図では、心臓が正常に活動していると、
殆どの人に共通した基本的波形が現れます。