心筋梗塞の看護を考える

心筋梗塞の症状と合併症

心筋梗塞の症状と合併症

心筋梗塞の症状

 

心筋梗塞で見られる典型的な症状は、
突然、前胸部に締め付けられるような激痛が走り、
その激痛が30分以上持続するというものです。

 

この胸痛の症状は、硝酸(しょうさん)薬(ニトログリセリン)を舌下しても
改善しません。

 

また、左肩、左腕、背中、頸部には放散痛(ほうさんつう)の症状が出ることもあります。

 

さらに、冷汗(れいかん)、顔面蒼白、呼吸困難、悪心(おしん)、嘔吐、
腹痛などの胃腸症状がでることもあります。

 

高齢者や糖尿病の患者さんなどでは、
痛みを感じなかったり、痛みが弱いものであったりすることがあります。

 

心筋梗塞の合併症

 

心筋梗塞が起きると、心筋収縮機能の低下が起こり、
心拍出量が低下し、心不全や心原性ショックを起こすことがあります。

 

また、心筋梗塞による虚血部位から心室性期外収縮がおきやすくなり、
心室性不整脈が見られることもあり、心停止の危険性もあります。