心筋梗塞の看護を考える

心筋梗塞の治療

心筋梗塞の治療

心電図の治療は、急性期と慢性期で異なります。

 

急性期の治療

 

@ 安静

 

胸痛や不安による心筋酸素消費量を抑制するために安静とします。

 

A 疼痛のコントロール

 

モルヒネ塩酸塩やジアゼパムなどの鎮痛薬を投与します。

 

B 心不全・血栓・不整脈に対する治療

 

心筋虚血障害の軽減を図るために酸素投与を行い、
動脈血酸素分圧が70mmHg以下にならないように注意します。

 

胸痛の軽減、及び冠動脈と末梢血管の拡張による前・後負荷の軽減のため、
硝酸薬(ニトログリセリン)を投与します(舌下或いは静脈注射にて)。

 

血小板凝集抑制のために、アスピリンの投与を行います。

 

C 合併症の予防管理

 

心筋梗塞後の梗塞範囲の拡大を防止し、
虚血心筋を保護するためにβ遮断薬や硝酸薬、Ca拮抗薬を使用します。

 

不整脈が出現した場合は、抗不整脈薬の投与、除細動、一時的心臓ベーシングなどの処置を行います。

 

心不全を合併した場合は、スワンガンツカテーテルを挿入し、
血行動態所見(フォレスター分類)を参考にしながら
利尿薬や強心薬、血管拡張薬などを投与します。

 

血栓を予防するため、急性期から継続し、
アスピリン(抗血小板薬)やヘパリン(抗凝固薬)などと投与します。

 

D 心臓カテーテル治療(冠動脈インターベンション)、冠動脈バイパス術などの再灌流療法の考慮

 

心臓カテーテル検査の結果、再灌流が必要であると判断されると、
バルーンカテーテルやステントなどを用いた冠動脈インターベンション冠動脈バイパス術を行います。

 

E 血行動態が安定した場合は、社会復帰に向けてのリハビリテーション

 

血行動態が安定してきたら、心臓に徐々に負担をかけ、
活動範囲を広げて活動耐性を高めていきます。

 

リハビリは早期から社会復帰を目指して行います。

 

*再灌流療法

 

・経皮的冠動脈インターベンション(PCI:percutanous coronary interventon)

 

バルーン血管形成術(POBA:plain oldballoon angioplasty):

 

バルーン血管形成術(POBA:plain oldballoon angioplasty)は、
冠動脈造影下で経皮的にバルーンカテーテルを挿入し、
冠動脈の閉塞・狭窄している部位でバルーンを膨らませ、
物理的に冠動脈を拡張させるものです。

 

急性冠閉塞などの合併症が起きる可能性があるので、
緊急冠動脈バイパス術のできる医師が待機可能な専門施設で実施されます。

 

ステント留置術(primary STENT):

 

ステント留置術(primary STENT)は、
経皮的冠動脈拡張術(PTCA:perucutaneous transluminal coronary angioolasty)
を行った後、畳んだ金属製のステント(管)を乗せたバルーンカテーテルを再挿入します。
そして、バルーンを膨らませてステントを広げ、
病変部にステントを留置します。

 

・血栓溶解療法

 

経動脈的血栓溶解療法(IVCT:intravenous coronary thrombolysis):

 

血栓溶解薬を静脈注射また点滴によって全身に投与します。

 

心臓カテーテル装置のない医療施設でも行うことができますが、
血栓溶解薬の投与量が多くなるので、出血傾向が強くなります。
また、再灌流の確認ができません。

 

経皮的冠動脈内血栓溶解療法(PTCR:percutaneous tranluminal coronary recanalization)

 

冠動脈造影下で、経皮的に挿入したカテーテルを通して、
閉塞している冠動脈に選択的に血栓溶解薬を投与する方法です。

 

心臓カテーテル装置のある医療施設でしか行うことができません。

 

慢性期の治療

 

心筋梗塞の慢性期は、以下のような治療を行います。

 

@ 冠危険因子の除去と管理

 

A 薬物療法